衛生管理者講座ナビTOP > 衛生管理の勉強法 > スケジュールの立て方

スケジュールの立て方

髪の毛の手入れ

第一種衛生管理者に一発合格するためには、それなりの勉強時間を確保する必要があります。
合格率は高いですが、簡単に受かるわけではなく出題範囲も広いです。

また、普段聞き慣れない化学の用語も数多くでてくることから、最初は本当に受かるのか?と思うかもしれません。

しかし、衛生管理者はしっかりとスケジュールを立てて勉強を行えば必ず合格できる資格です。まずは、焦らずに合格までのスケジュールを立てましょう。

私がオススメするスケジュールの立て方は、勉強を始める前に試験を受ける日を決めて、申込をする方法です。

これは資格をいくつも持っている友人から教わった方法なのですが、試験日を決めて申込をし、受験料を支払うと、せっかくお金も払ったし勉強するかという気持ちにさせる為です。

まずは衛生管理者試験の日程を確認して、試験日をさっさと決めちゃいましょう!

目安は3ヶ月後がおすすめです。1ヶ月だと短すぎるし、6ヶ月となると長過ぎるなめ勉強を始めません。
私の場合はですが(笑)

3ヶ月はあくまで目安で、毎日1、2時間の勉強時間が確保できるなら2ヶ月でも良いと思います。

スケジュールのたて方のまとめ

試験までのスケジュールのたて方は以下を参考に計画してみてください。
あくまで参考ですが、私はこの方法で一発合格することが出来ました。

  • 3ヶ月後を目安に受ける日にちを決める
  • 試験申込まで書籍をナナメ読みする
  • 試験2ヶ月前になったら受験の申込をする
  • 参考書を隅々まで読みながら解いていく
  • 過去問を解く→間違えた部分を参考書で確認→過去問を解くを繰り返す

試験まで2ヶ月を切るまでは通勤時間や隙間時間に参考書を斜め読みし、2ヶ月を切ったら平日は30分~2時間、休日に3~5時間は問題を解いていけば合格できる力は尽きます。時間を確保することが難しい場合は試験対策の講座を使って的を絞って望むと効率よく合格することが出来ます。

※試験の申込は2ヶ月前から開始となり、定員になったら第二希望の日程になります。

出会いの意味