衛生管理者講座ナビTOP > 衛生管理の勉強法 > 通信講座のメリットとデメリット

通信講座のメリット

通信講座で勉強をするメリットは何と言っても最新の情報が仕入れることができ、 長年の実績がある講座なら過去の試験から出題傾向を掴んでいるので事前対策が念密に出来ます。

どうしても分からないところは質問できたり、試験に出るポイントを重点的に学習できるなどサポート体制が充実しています。 また、教材も充実しておりCDがついているため通勤中に利用できたり、予め学習のスケジュールが立ててあるため、それに従って勉強をすることで合格にかなりの確率で近づけます。

というのも通信講座を運営する会社は既にその講座から合格した人が沢山いるのでサンプルを持っています。 それを活用することで無駄な勉強をする必要がなく合格まで最短のコースで勉強が出来ます。

これから衛生管理者の勉強を始める人や一度不合格となった方には通信講座は最適な勉強方法だと言えます。

通信講座のデメリット

通信講座のデメリットは、費用がそれなりにかかってしまうという事です。参考書や添削などのサポート体制が整っていることから、それなりの金額はします。

何度も不合格となって試験料を支払うことや不合格によるモチベーションの低下を考えると
通信講座で一発合格するという選択の方が良いと思います。

レベル別の勉強法

以下は私が考えるレベル別の勉強方法です。出題範囲のなかから知識レベルに応じて、独学でいくのか、通信講座を利用するのか参考にしてみてください。

知識レベル 勉強方法
出題範囲の医学的分野の知識がある 独学でOK
出題範囲の労基法、安衛法の知識がある 医学分野が苦手な人は通信講座
医学分野に抵抗がない人は独学でもOK
出題範囲のうち1分野以下の知識がある 通信講座がオススメ

個人的には医学的分野の労働衛生と労働生理について知識が備わっている人は、
参考書を使った独学で十分に合格できると思います。

労働基準法や労働安全衛生法については知識があるけど、医学的知識がなく苦手意識がある人は通信講座を検討した方がいいかもしれません。

労基法や安衛法はある程度覚えやすい分野ですが、医学的知識は苦手意識があると頭にはいってきません。
特に化学や物理が苦手だった人は要注意といえます。こういった方は独学よりも通信講座を利用する方が良いでしょう。

あなたにあったオススメ勉強法

当サイトではご自身の状態(知識レベルや合格への気持ち)に応じてオススメの勉強法がわかるコンテンツをご用意しています。
自分にあった勉強法の診断はコチラから

出会いの意味