衛生管理者講座ナビTOP > 衛生管理の勉強法 > 独学での合格は可能か?

独学での合格は可能か?

結論からいうと第一種衛生管理者試験でも独学で合格することは可能です。

但し、事前に出題範囲の知識がある程度備わっている人なら、という前提条件が尽きます。

知識があまりない状態の人でも、まとまった勉強時間を確保できて、毎日根気よく勉強をすることが出来れば独学での合格も不可能ではありません。

おそらく多くの人がつまづくのが化学や物理的要素のある問題だと思います。 思いつくもので言うと、ベリリウム、エチレンオキシド、シアン化ナトリウムなどの取り扱い方法や酸素欠乏症等防止規則や粉じん障害防止規則などの規則を覚える必要があります。

そのため、知識があまりない状態なら、前提条件としてそれ相応の勉強時間というのは絶対に必要になってきます。 具体的には、最低でも毎日1~2時間×3~4ヶ月間続けられる人なら合格する事が出来るはずです。

書籍の選び方

書籍選びには注意が必要です。
数年前の参考書が安いからという理由で使用してると試験に全く出なかったという状態に陥ります。

やはり大手のユーキャンなど信頼性のある書籍を選ぶ事が大事です。
なぜなら、こういった大手は長年のノウハウもあることから試験問題の出題傾向をある程度つかんでいるからです。

講座は時間のない人、効率的に勉強したい人、一発合格した人など、そういった上昇志向の強い人におすすめです。

記憶
出会いの意味