衛生管理者講座ナビTOP > 衛生管理者の受験体験談 > 一発合格、そして・・・

一発合格、そして・・・

試験の手応えはありました。感覚では7割は間違いなく正解していた気持ちでしたが、それでも不安ではありました。

合格発表当日、衛生管理者のサイトを閲覧すると・・・自分の番号がありました。すぐに堀さんへ報告すると「マジか!?よし、今日は飲みに行くぞ!」と誘ってくれました(笑)

飲みの席では一発合格したことよりも、忙しい中で勉強をした事を褒めてくれました。人に褒められる経験が少ない人間なので、なんか恥ずかしかった事を覚えています。
また、資格は取るだけじゃ意味がないという事で今後は衛生管理者として衛生委員会への参加と積極的に改善提案するようにと言われました。

実際に部長に進言して下さり、翌月から衛生委員会メンバーとして参加することになりました。 ここが堀さんを尊敬する理由です。単に褒めるだけでなく、取った資格を活かすため配慮してくださるところが堀さんらしいなと思います。

正直、部長や課長より仕事できるのに・・・といつも思います(笑)
そして、翌月からは労働環境改善の提案や残業抑止の方法など過去に技術者だったという経験もあったため積極的に提案をしました。

衛生委員会の打ち合わせに技術者を参加させて現場の意見を聞くことや古くなった計測器やPCの取り換えなどです。 また、投書箱みたいなものを作り現場からダイレクトで意見を言える環境を作りました。

衛生管理者を取ったことで新たに仕事が出来るようになりました。とって本当に良かったなと思います。

部長からも私が衛生委員会のメンバーになったことで現場の声を聞くことが出来たと言われ、前よりは必要とされているのかなと思うときが出てきました。

また短い期間でしたが勉強するキッカケをつかみ、今度は社会保険労務士を取ろうと勉強を開始したことも良かったことの一つです。

出会いの意味