衛生管理者講座ナビTOP > 衛生管理者試験の概要 > 試験範囲の内容

試験範囲の内容

衛生管理者の試験は関係法令、労働生理、労働衛生の3科目から出題されます。
関係法令では労働基準法、労働安全衛生法、作業環境測定法及びじん肺法ならびにこれらに基づく命令中の関係条項から出題されます。

合格率の割には試験範囲は結構広く、各科目で最低でも4割以上は正解をしなければなりません。

試験の具体的な内容
範囲 試験の内容
労働衛生 衛生管理体制、職業性疾病、作業環境管理、作業管理、労働衛生教育、
労働衛生管理統計、作業環境要素、労働衛生、健康管理、
健康の保持増進対策、救急処置
関係法令 労働安全衛生法、労働基準法、作業環境測定法及びじん肺法
並びにこれらに基づく命令中の関係条項
労働生理 環境条件による人体の機能の変化、人体組織及び機能、
労働による人体の機能の変化、疲労及びその予防、職業適性

※第二種衛生管理者は上記内容から有害業務に関する問題は出題されません。

出会いの意味