衛生管理者講座ナビTOP > 衛生管理者の基礎 > 衛生管理者とは?

衛生管理者とは?

衛生管理者とは企業において総務・労務部門のスペシャリストとなれる国家資格です。

なぜスペシャリストかというと、衛生管理者は労働安全衛生法という法律によって50人以上の従業員がいる事業所では、衛生管理者を1人以上置くことが義務づけられています。

企業規模によっては複数人必要な場合もあり、企業からもニーズの高い資格です。また、保有者数も少ないことから労働市場でも求められる資格といえます。

主な仕事は、労働環境の衛生面の改善や疾病の予防処置など衛生に関する技術的な事項を担当します。
衛生管理者の資格には、第一種衛生管理者・第二種衛生管理者があり、第一種は全ての業種の事業場において衛生管理者となることができます。

第二種衛生管理者は、有害業務に関する事業以外において衛生管理者となることができます。
個人的には第二種を取るなら第一種も問題なく合格できると思うので、将来性や転職などにも有利な第一種衛生管理者を取ることをオススメします。

出会いの意味