衛生管理者講座ナビTOP > 衛生管理者の基礎 > 衛生管理者のニーズ

衛生管理者のニーズ

衛生管理者というのは、これまでも安定したニーズがありました。衛生管理者が企業からのニーズがあるのは、ひとつに法律で義務付けられている事があります。

近年では企業のコンプライアンスが問われており、これまで以上に衛生管理者のニーズは高まりつつあります。 労働災害などが起きると企業は社会から責められることはもちろんのこと、それまで作り上げてきたブランドイメージ、訴訟問題と一度労働災害が起きてしまうと死活問題となります。

また衛生環境面から働きやすい職場づくりを作り上げることで離職者の防止などにも貢献できます。

衛生管理者の求人

ハローワークや転職サイトなどをご覧になると分かりますが、転職市場でも衛生管理者には一定の求人があります。

特に製品や食品などの業種で工場を保有している企業では衛生管理者が求められる傾向は強いです。
また、中小企業など社員数が少ない企業の場合ですと、衛生管理者が辞めてしまった場合などに募集することもあります。 前述のとおり衛生管理者は50人以上の企業では必須というのが法律で決められているため、企業は大慌てで募集することになります。

衛生管理者というのは大量の求人はないものの、年間を通して安定した求人があるため転職にも有利といえる資格です。

転職に有利であることのもう一つの理由に衛生管理者資格を保持している人の数というのがあります。 企業からのニーズはあるにも関わらず衛生管理者の数というのは少ないといえます。
衛生管理者の数自体が少ないためライバルも少なく非常に有利になります。

記憶
出会いの意味